諸説あります

SOUND STUDIO DOMでは、通常ドラム類をこのように横に寝かせた状態で置きます。


理由は、チューニングが狂わないようこのようにしております。


リムを下にするとそのリムに加わる力(たいこの自重)によりヘッドが引っ張られピッチ(音程)が上がります。

また、ヘッドの上にたいこを重ねると、ヘッドは伸びるので、ピッチは下がります。


このような理由から、横向きに置くことにしているのです。


が、しかし


楽器屋さんでもこのように保管しているわけではありません。

きっとそれぞれに深い理由があるのでしょう。


そんな「違い」に出会えることが、新鮮で新たなスタートラインにスタジオドムを立たせてくれるのであります。



9回の閲覧